つまようじドット絵の作り方・中学年高学年

つまようじドット絵

つまようじに色をぬって、発泡スチロール板にさしていけばドット絵の完成です。

夏休みはあつくてヤル気がでませんよね。この工作ならエアコンの前で、せんぷうきの前で、すわったまま作ることができますよ。

つまようじドット絵の材料

つまようじ(約570本)、A4サイズの発砲スチロール板(100円ショップ)、ボンド、水彩絵の具(黒、白、緑)、テープなど

※材料のつまようじの数は、予備をふくめたものです。実際に使う本数は全部で552本です。

1、パンダのドット絵を印刷する(無料)

このドット絵↓(たて×よこマス=使うつまようじの数)を印刷します(無料です)

 【パンダ】23×24マス A4サイズPDF

発泡スチロール板を絵のサイズに切ります。

ドット絵デザイン

(画像の発泡スチロール板はスタイロフォームといい、ホームセンターなどで販売されています。つまようじがさされば、なんでもOKです)

2、絵をのせた発砲スチロール板にあなをあけます

発泡スチロール板に印刷した絵をのせて、テープで角をとめます。

すべてのマス目のまん中につまようじで穴をあけていきます。

【マス目の真ん中】に、【まっすぐ(垂直)】に、【深く】つまようじをさすのがコツ!

つまようじドット絵

↑発砲スチロールに穴があいているのが見えるでしょうか?全部あなをあけたら、紙をはがします。

地味ですが大切な作業なのでのんびりがんばって!

3、つまようじを折って色をぬります

つまようじを半分くらいの長さに折り、えのぐで色をぬって乾燥させます。

絵を見ながら、つまようじを発泡スチロールにあけた穴にさしていきます。

↓あまった発泡スチロールにさしてつまようじを乾燥中。

夏休み工作

まっすぐさすとキレイだけど、ちょっとくらいまがってても大丈夫!

つまようじを折ったとき先がとがっていた方がさしやすいです。

小学生つまようじ工作

つまようじは上の方から1本ずつさしていくと作業しやすいですよ。

こうやって上から見るよりも、ななめ前方から見るとすごく立体的に見えてカッコイイのです。

ドット絵工作がは地道にコツコツ進める作業なので、動きたくないあつい日にオススメ。

アイロンビーズなどのデザインでも作れます。「ドット絵 デザイン」などで検索するとゲームのキャラクターなどたくさんでてきますよ。

↓これらは無料で自由に使えるドット絵です

 かんたんクマ(15×14マス) PDF

 ミニパンダ(20×20マス) PDF

 さかな(27×19マス)PDF

 パンダ(23×24マス)PDF

 フラミンゴ(36×22マス)PDF

 しば犬(34×24マス)PDF

 ゴールデンレトリバー(30×24マス)PDF

 ペンギン(61×50マス)PDF※2倍拡大コピーをオススメ

 ●自分で撮った写真などからドット 絵を作りたい場合はコチラ

 ●つまようじドット用の白紙A4方眼紙の印刷はコチラ。

つまようじ折りも色ぬりもいっきにやると大変すぎるので何日かにわけて作業するといいです。