ペットボトルビーズの作り方・写真つきでわかりやすい!

ペットボトルが遊べる手作りおもちゃに大変身!

ペットボトルビーズの作り方

無造作にくるんくるんと巻かれたペットボトルビーズがかわいい!

遊び方の自由度が高いうえに、一度作ってしまえば壊れにくい手作りおもちゃです。

好きなもようをかけば、自分だけの手作りブレスレットやネックレスも作れちゃう!夏休みの工作にもいいですね。

ペットボトルビーズを作るには切り方がポイント!

炭酸のペットボトルに絵をかいてペットボトルビーズを作る

炭酸のペットボトル(1.5L)を用意。

にぎるとすぐにベコベコとつぶれるペットボトルではなく、固めのペットボトルを使います。

※水やお茶のペットボトルはダメです。

ペットボトルを青線のように、たて長に切り、油性ペンで好きなもようを書きます。

ペットボトルビーズにするために縦長に切る

切る方向に注意して【1cm×2.5cm】に切ります。

サイズは小さすぎても大きすぎても丸まり方がイマイチでした。

私が実験した結果、このサイズが一番成功率が高かったです。成功率は下がるけど、他のサイズでも作れないことはないです。

ペットボトルビーズの作り方のポイント!

ペットボトルビーズにするためにグリルで加熱する

魚焼きグリルかトースターを使います。

扱いやすいようにアルミホイルの上にのせて焼きましょう。

やけどのきけんがあるよ。大人といっしょにやろう!

余熱しておくと10秒ほどで丸くなるので、目をはなさないようにするのがコツです。

はじめは強火で、グリル内の温度が安定したら中火~弱火で焼くとうまくいきます。

かなり熱いので、やけどに注意しましょう。

くるんときれいに丸まったら完成です。

※巻き方がねじれて、とがった部分がでているものは、あぶないので捨てます。

ペットボトルビーズで、なに作る?

ネックレスやブレスレットにして、夏休みの工作にしてもいいですね。

作っているところを写真にとって、レポートにまとめると最高の自由研究にもなると思います。

赤、オレンジ、黄色、緑、青、あいいろ、むらさきの色を一色ずつぬれば、虹色のブレスレットやキーホルダーが作れます。これをかみかざりのヘアゴム、ヘアピンにつけて手作りアクセサリーにしてもかわいいですね。

好きな色や絵をつけて、仲良しの友達とおそろいのストラップやキーホルダーを作るのも楽しそうです。

手作りペットボトルビーズで遊ぶ幼児

↑ミニカーの荷物にして遊ぶ幼児。重機を駆使してせっせと荷物を運んでいました。さしずめテーマは「不法投棄」でしょうか。

息子が幼児だったころは、ひもをとおしてネックレスっぽく作ったり、ミニカーの荷物にしたり、人形につけて防具?にしたり、細い木の枝にとおしてみたり、色々な遊び方をしていました。

とにかく丈夫な手作りおもちゃなので、長く遊べました。けっこうコスパがいい手作りおもちゃです。

※ちびっこ(幼児)が遊ぶときは、口やはなに入れないように注意してくださいね。