簡単サイコロ作り方・牛乳パックで作って遊べる幼児手作りおもちゃ

幼児サイコロは牛乳パックで作って遊べる手作りおもちゃ

左のサイコロはフェルトで、右上のサイコロはおり紙で、右下のサイコロは布をはりました。

ころがすと絵が変わる。大人にとっては当たり前のことも、幼児にとっては不思議で楽しい刺激になるみたいです。

作って遊べる幼児おもちゃサイコロの材料

牛乳パック、新聞紙か梱包用ぷちぷち、
ボンドか強力両面テープ、フェルトや折り紙や布など

作り方1、サイコロのサイズで切る

牛乳パックを下の画像のように切ります。

灰色の7cmの横の部分は、両側を2~3cmくらいのこしておきます。

サイコロは牛乳パックの下から7㎝に切る

作り方2、サイコロの中をつめる

牛乳パックの中に梱包用プチプチか新聞紙をつめて、ふたをしてサイコロの形にします。梱包用プチプチが軽くてオススメです。

(つぶれにくくするための、つめものです)

幼児がサイコロで遊んでもつぶれないようにする

新聞紙にくるむように、小豆や鈴が入ったガチャガチャの空カプセルを入れると音も楽しめます。

幼児のちからでも片手で持てるように、重いものは入れないようにしましょう。

作り方3、サイコロで幼児が遊べるようなかざりを作る

ボンドか両面テープで、フェルトや布や折り紙などをはります。フェルトは手触りが優しくていいですね。

通常の両面テープは、はがれやすいので粘着力の強いタイプがオススメです。はがれたとき幼児はフェルトを口に入れてしまいそうなので。しっかり乾燥させる時間があるのならボンド推奨です。

サイコロの表面に遊べるかざりをつける

お子さんが興味をもっているデザインにしてあげると喜びそうです。

息子が1才のときは車に興味を持っていたようだったので、自動車ディーラーのチラシから車の写真を切り取ってサイコロにはってあげるとすごく喜んで転がしたりしていました。…筆がすべって上品なうそをつきました。転がすというか、ぶん投げてました。投げても軽いから大丈夫です。

牛乳パックサイコロは、自分好みにオリジナルで作れるところがいいですね。うまくいけば知育にもなりそうです。

わりと簡単に作れるので、あきたら気軽に処分して、忘れたころにまた違うタイプで作るのもアリですね。