夏休み自由研究 氷と塩で冷やす簡単な手作りアイスの作り方

夏休み自由研究手作りアイスクリーム

夏休みの自由研究は、作って楽しい、食べておいしい手作りアイスクリームがオススメ!

  • アイスの材料
  • 簡単アイスの作り方
  • 氷と塩で冷やす方法
  • なぜ冷えて固まるのかを説明
  • 味や作った感想

これらを紙に書いてまとめれば、夏休み自由研究の完成です。

手作りアイスクリームのレシピ

卵を使わないレシピ

砂糖25~30グラム、
生クリーム100ml、
牛乳 100ml、
氷400グラム、
塩200グラムぐらい、
ジップロックの大サイズと中サイズ1枚ずつ、タオル

手作りアイス材料

作り方1、アイスの材料を中袋にまぜる

ジップロックの中サイズの袋に、生クリーム、牛乳、砂糖をぜんぶ入れます。

しっかりチャックをしめて密封します。

手作りアイスの材料をまぜる

作り方2、氷と塩を大袋に入れてまぜる

ジップロックの大サイズの袋に、氷と塩を入れて、よくまぜます。

アイスを冷やすために氷と塩を袋に入れる

つよい力でまぜると、袋にあなが開いてしまうので、かるい力でまぜましょう。

袋をまぜる作業

作り方3、大袋のなかに中袋を入れて約5分もむ

氷と塩を入れた大袋のなかに、アイスの材料が入った中袋を入れて、5分間よくもみます。

塩氷の大袋の中にアイス材料が入った中袋を入れる

タオルを当てて、かるい力でもみましょう。つよくもむと、袋にあながあいてしまうので気をつけましょう。

手作りアイスクリームのコツはよくもむこと

※部屋の中があついときは、もむ時間を長くしてください。

夏休み自由研究の手作りアイス完成

かたまってきたらおいしい手作りアイスの完成です。

(異常気象ともいえる暑さの日は、さすがにかたまりにくいと思います。氷を追加するか、袋ごと冷凍庫で冷やすことも考えてみてくださいね)

夏休み自由研究ヒント!なぜ氷に塩を入れるのか?

塩は氷がとけるスピードをはやくします

氷は、とけるときにまわりの温度を下げます。そして、氷に塩をかけると、氷がとけるスピードをはやくします。(凝固点降下)

塩水はこおりにくい

氷がとけて水になり、塩とまざると、塩水になります。そして塩水はこおりにくい性質があります。水は0度で氷になりますが、塩水は約マイナス20度で氷になるのです。

簡単に説明すると

氷がとける力と塩水の力でまわりの温度をぐんぐん下げるから、アイスの材料も冷えてかたまるということです。

むずかしい関連用語いろいろ

氷は0度で水になります(氷から水になることを融解といいます。そのときの温度を融点といい、それが0度です)

水が氷になるときの温度も0度です(水が氷になることを 凝固といいます。そのときの温度を凝固点といい、それも0度です)

食塩水は、凝固点や融点が下がります。これを凝固点降下といいます。25%の食塩水であれば、凝固点が約マイナス22℃ にもなるのです。