紙コップけん玉工作とペットボトルけん玉工作の作り方

紙コップけん玉もペットボトルけん玉も、作ってすぐに遊べるところが工作にピッタリですね。

シンプルな手作りおもちゃだから子どもから高齢者まで楽しめるよ

紙コップけん玉工作の手作りおもちゃ

紙コップけん玉工作の材料

紙コップ2こ、ビニールテープ、
ひも、ティッシュ2~4枚、はさみなど

※遊ぶ子どもの手の大きさをみて紙コップのサイズを選んでください

紙コップけん玉工作の作り方

玉結びしたひもを、紙コップの底にテープでつけます。

紙コップけん玉のひもが外れないようにつける

ティッシュをまるめて玉を作ります。まるめたティッシュをビニールテープでぐるぐる巻きにします。

紙コップと紙コップの底を合わせ、をテープでつなげて、ひもの先に玉をつけてテープで巻いたら完成です。

作ってすぐ遊べる紙コップけん玉工作の完成品

作り方がとても簡単ですし、ティッシュを丸めるところなど、お子さんのお手伝いポイントもあるので一緒に作ってみるといいかもしれませんね。

子ども会やクリスマス会などの工作イベントにもオススメだぞ

ペットボトルけん玉工作の手作りおもちゃ

ペットボトルけん玉の材料

ペットボトル(500mlくらい)、
ひも、松ぼっくり(大きめ)、
ビニールテープ、はさみなど

ペットボトルけん玉の作り方

ペットボトルを上から7センチくらいのところで切ります。

切り口で指を切ったりしないようにビニールテープをはります(下の画像の緑の部分はビニールテープです)

ペットボトルけん玉工作はとても簡単

ペットボトルの飲み口のところにひもをしばり、玉とつなげば完成です。

ペットボトルけん玉は持ちやすいし入れやすいので幼児に最適

玉うけ部分が大きいので3才~4才の幼児でも入りやすいです。

ひもが長くなればなるほど難しくなるので、遊ぶ子どもの年齢によって変えるといいです。

玉の種類は、松ぼっくり、毛糸のぽんぽん、新聞紙をまるめてテープでぐるぐるまいたものなど、何でもOKですね。

今回は秋のお散歩で拾った松ぼっくりを使いました。

自分で拾った松ぼっくりがけん玉に変身するなんて楽しい刺激になりそうです。スマホやゲームなどバーチャル体験が多くなっていく昨今、自分の身近なもので何かを作る経験は貴重なものになっていくのでしょうね。