作って遊ぶぞ!スタンプ遊びだ!簡単ハンコの作り方

作って遊べる簡単ハンコでスタンプ遊び

梱包クッションシート(100円ショップの発泡シート)とペットボトルキャップで、簡単ハンコが作れます。

ハサミで切るだけのシンプルモチーフがまたかわいいですね。とにかく簡単で安いから、いくつでも作れちゃいます。たくさん作れば「ハンコ屋さんごっこ」もできますね。

ハサミが使えるなら、幼児の工作にもオススメ!

スタンプ遊び!手作り簡単ハンコの材料

ペットボトルキャップ2コ、

梱包クッションシート(100円ショップ)、

ボンド、はさみ、油性ペン、紙など

手作り簡単ハンコの材料は100円ショップの梱包材

100円で20枚入り。たくさん作れるから、たくさん失敗してもOKですね。

作り方1、紙にシンプルな絵をかく

ペットボトルキャップの大きさを紙になぞります。

手作り簡単はんこの絵はシンプルな絵がいい

なぞった丸から、はみでないように絵をかきます。

はじめにえんぴつで絵をかいて、その上から黒ペンで絵をなぞります。

ハンコ屋さんごっこ用にいろんな絵をかく

あとでハサミで切るので、なるべくシンプルモチーフの絵にすると作業がスムーズになりますね。

作り方2、梱包クッションシートに絵をうつし書き

絵をかいた紙の上に梱包クッションシートをおきます。絵がすけて見えるのでペンで絵をなぞります。

星のハンコを作る
うっすら絵が透けてます

作り方3、切ってはれば遊べる手作りハンコ完成!

発泡クッションシートに書かれた絵を、ハサミで切りとります。

手作り簡単ハンコの持ち手はペットボトルキャップで作る

ペットボトルキャップは、ビニールテープなどでつなげておきます。

切りとった絵を、つなげたペットボトルキャップに木工用ボンドではりつけて乾燥させたら完成です。

手作りハンコでスタンプ遊び!

スタンプ遊びは水性インクがいいですね

じかにペンで色をぬって、そのままぺたりとスタンプすれば、スタンプマットがなくても大丈夫です。

ただし、ペンでぬるとインクがどんどん乾いていくので、2色くらいがオススメです。油性ペンでも水性ペンでも、どちらも使えました。

個人的には、ペンを使うとどうしても指についてしまうので、水性ペンがいいと思います(洗っても落ちない黒い指を見つめながらこの記事を書いています…)

しずくの形で作って大きな画用紙にカラフルな雨をふらせると、きっと雨がかわいく楽しくなりますね。「赤いイチゴ雨」「紫のブドウ雨」「青いソーダ雨」なんて感じで、おいしい雨にしちゃえば保育実習が盛り上がりそうです。

※こちらの記事では、便宜上「梱包クッションシート」や「発泡シート」と書いていますが、正式名称は「ミラーマット」あるいは「発泡ポリエチレンシート」というようです。