ヤクルトっぽい乳酸菌飲料の容器で作るこびとサンタ工作

ゆるかわサンタ工作

ヤクルトより小さめの乳酸菌飲料の容器で作る こびとサンタたち。

切ってはるだけの簡単工作だからどんどん数が増えちゃいます。色んな色で作るとかわいい!

ゆるかわサンタ人形の材料

乳酸菌飲料のあき容器、フェルト(100円ショップ)、紙、ボンド、あれば布用両面テープ、毛糸(白)、グルーガンなど

※ヤクルトより小さめの乳酸菌飲料の容器(洗って乾燥)

※フェルト(赤色、ペールオレンジ(肌色)、茶色、水色、黒色)

1、フェルトを切ります

下の画像のサイズにフェルトを切ります。

フェルト工作

毛糸は上の画像のように毛足が長いといいですが、ない場合は白い毛糸をほぐしてもよい。(画像の毛糸は、白い部分だけを切って使いました)

2、 赤いフェルトを切るために、型紙を作ります。

コンパスで円をかくか、お皿などで円をかいてもよいです(円の大きさは 14cm~15cmくらいならOK)

紙を円の大きさで半分に折って、中心からまっすぐ上に12+2cmの長さで、円のふくらみにそって三角形っぽく線をのばします。

人形の型紙

3、型紙のとおりに大きいフェルトを切ります

紙を切ったら型紙の完成。赤フェルトの上に型紙をおいて、ペンでなぞってからフェルトを切ります。

2×13cmの長方形も赤フェルトで切ります。

夏休み工作

4、こびとサンタの顔をはります

だいたい画像の位置に 3×3cmに切ったペールオレンジのフェルトをはります。(ボンドでも両面テープでも、なんでもよい)

サンタの顔

白い毛糸を2~3cmに3本切ります。

切った毛糸とは別の白い毛糸にボンドを少量つけ、指で丸くまるめていきます。

まずは3cmくらいの毛糸を丸め、毛糸を増やしてだんだん大きくしてくといいです。

ベタベタするけど、あせらず、少しずつ大きくしていくとうまくいきますよ。

5、こびとサンタの体を作るコツ

ベルトになるように、フェルトを画像のようにつけていきます。

【コツ1】ボンドでもグルーガンでも布用両面テープOKですが、はみでないように少量ずつ使いましょう。

乳酸菌飲料工作

【コツ2】画像①のように、青いフェルトの部分が顔の中心にいくようにつけましょう。

ボンドはフェルト全体にべったりとつけなくても、3~4ヵ所のポイントでつければいいです。

6、こびとサンタの帽子を作ります

帽子を作ります。ボンドなどをつける前に、まずフェルトを巻く角度を決めましょう。

まっすぐ巻くと、顔がかくれて見えなくなってしまうので、ななめに巻くことになります(2つ下の画像がわかりやすいかも)

1、顔が見えるように巻けたら、そのまま後ろに1ヵ所グルーガンなどをつけてとめます。

2、次に顔の上にかかる部分に少量のグルーガンなどをつけ、帽子が顔にずり落ちないようにとめます。

3、最後に、残りを部分を巻いて、グルーガンなどでとめます。

小学生工作

後ろはこんなかんじになります↑

容器が見えている部分をかくすようにして、赤フェルトをボンドなどでとめていけば、帽子の完成。

7、かわいい顔を作ります

顔の両横にボンドをつけ、ピンセットで白い毛糸をふんわりつけます。

あごひげになるように、顔の下にも毛糸をつけます。

ゆるかわサンタ人形

帽子のてっぺんに、丸めた白い毛糸をつけます。

サンタ作り方

目を作るため、ハサミで黒いフェルトを切ります。形は丸い目でもいいし、正方形でも長方形でもいい。

ちなみに↓の目は 3mm×5mmです。

簡単サンタ人形

ボンドを紙の上などに出して、黒フェルトに少しだけボンドがつくようにするのがコツ。

小さいのでピンセットを使うと作りやすいです。

ゆるかわサンタ

サンタって季節じゃないときは、赤以外で作れば「ゆるかわこびと」になりますね。

両面テープ、ボンド、グルーガン、自分の使いやすいもので作るといいですが、ボンドとグルーガンは たくさんつけすぎないのがコツです。