牛乳パックで作るATM貯金箱の作り方

牛乳パック貯金箱

カードをさすたびに、お金が出てきます。

シンプルなしかけだから作るのも簡単です。

カードでお金が出る貯金箱の材料

牛乳パック2本(1000ml)、トイレットペーパー芯1つ、色紙(かざり用)、シール(かざり用)、ホッチキス、カッター、ハサミ、両面テープ、厚紙(おかしのあき箱やティッシュの箱でいい)など

1、牛乳パックを切ります

牛乳パック1コを、下の写真のように切ります。

※カードを入れるあなは1mmくらいのうすさで切ります

手作り貯金箱

↓上はこんなふうに切ります。

牛乳パック貯金箱

※一番下にある動画をみると、あなをあける理由がわかりますよ

2、トイレットペーパー芯で貯金箱のしかけを作ります

トイレットペーパー芯と、もう1本の牛乳パックをこのように切ります。

からくり貯金箱しかけ

牛乳パックの底に厚紙などをはって平らにします。(上の画像の緑色の部分4cm×6.8cmの厚紙を両面テープではっています)

切ったトイレットペーパー芯と牛乳パックをホッチキスで合体させます。

アイディア貯金箱しかけ

上のやじるしは【大切なすきまです】下にコイン1枚分のすきまをあけてつけること。

3、一番大切なしかけを作りますよ

さっきの【大切なすきま】が、カードのあなに重なるようにつけます。

アイディア貯金箱しかけ

つけかたは、ホッチキスでとめます。落ちないように8~10カ所ほどホッチキスどめしましょう。

トイレットペーパー芯はかるくつぶしておくのがコツ。

(あなからお金を入れたとき、トイレットペーパー芯に入ればOK)

赤丸のところを内がわに折り、セロテープかボンドでとめて【ななめ】にする。

緑色の場所からお金が落ち、【ななめ】をすべって出るしくみです。

4、自由にかざりつけをしたら完成

牛乳パックの上をとじてテープでとめます。

カードは牛乳パックに厚紙と色テープをはって作ります。どんなデザインでもいいので自由に作っちゃいましょう。

リサイクル貯金箱

数字ボタンだけ厚紙で、あとは色紙をはって作りました。

「CARD=カード」、「CASH=お金」。

色紙は両面テープではると紙がベコベコしませんよ。

牛乳パックでATM貯金箱の動画

お金がきちんと手前に落ちてくるのがポイントです。見て。

カードをさすたびにお金が1枚でてくるよ。2枚でてきたらラッキー!