シンプル素材で作る簡単バスボム(発泡入浴剤)の作り方

手作りバスボム

重曹とハチミツは美肌効果があります。

冷凍しておくと発泡時間が長くなるような気がします。まとめて作って密封して冷凍しておくと便利です。

※ハチミツは1才未満の乳児に与えてはいけませんのでご注意ください

簡単バスボムの材料

重曹30g、クエン酸10g、塩10g、ハチミツ1~3g

バスボム材料

1、バスボムの材料を順番にまぜます

ボウルの中に重曹、クエン酸、塩を入れ、軽くかきまぜます。
かきまぜたあと、ハチミツ少しずつ入れます。

手に水がついていると発泡してしまうので、かわいた手でまぜましょう。水気厳禁!

手作りバスボム

①まぜる前にハチミツの上に粉をかけてハチミツが見えなくなってから手でつぶす。
②また粉をかけて手でつぶす。
ハチミツはベタベタするので、①と②くり返して ポロポロのそぼろ状にします。

そぼろ状バスボム

↑そぼろ状になりました

2、そぼろ状のバスボムを固めます

そぼろ状態にしたものを、力いっぱい手でにぎりつぶし、 何度かくりかえして丸くします。

だいたい1~3分くらいにぎりつぶすと、ハチミツのねばりけで固形化してきます。

バスボム完成

シンプルなバスボムの完成です。 型に入れて固めて乾燥させると、かわいいくなりますね。

息子が5才のころから一緒にこのバスボムを作っています。型に入れるより自分の手で丸めるのが楽しいようなので、我が家はこの形で作ることが多いのです。

冷凍バスボム

ラップにくるんで密封袋(ジップロックなど)に入れておくと、冷凍庫で1ヶ月は保存できます。