ビニール袋で作る簡単な凧の作り方

手作りビニール凧の簡単な作り方

五才の冬休み工作で作ったものです(冬休み工作を提出する園だったのです)

材料さえそろえば簡単に作って遊べるので、親子工作やこども会の工作イベントにも最適です。もちろん小学生の冬休み工作にもいいと思います。

材料は全部100円ショップでそろえることができました。低コストで作って遊べる工作っていいですね。

簡単凧の材料

ビニール袋、
竹ひご(47㎝)2本、
たこ糸、
つまようじ2本、
色ペンなど

作り方1 簡単な手作り凧サイズ

ごみ袋などのビニール袋を切ります。

手作り凧のサイズ

竹ひごをつけます。↓この図のようにつけ、セロテープでとめます。

竹ひごをつける凧の作り方

↓つまようじは3cmくらいの長さに切って、両はじにおいてテープでとめます(補強のためです)

最後に、つまようじをビニールでくるむようにしてセロテープでとめます。

ビニール凧を爪楊枝で補強

つまようじの横に穴をあけ、130~150cmに切ったタコ糸を左右それぞれに通して つ まようじと一緒にしっかりむすびます。(↓ピンク部分)

手作り凧作り方終わり

真ん中くらいで輪っかになるようにむすび、長いタコ糸(手に持つ方・↑赤い部分)とむすんで完成!

定番のお正月遊び!凧揚げして遊んでみた

「お正月には凧あげて~♪」の歌のとおり、お正月に凧あげしましたが路面がツルッツル!しかも完全無風のため 走りながらの凧あげでした。

・・・お正月からこんなハラハラするとは(;´Д`)ノ

手作り凧で遊ぶ子供

3才次男が書いた絵のテーマ「兄」
「一番大きいのがお兄ちゃん!ほかのは全部まぼろしのお兄ちゃん!」と無邪気に言い放つ次男。

…まぼろしのってなんだ?兄がたくさん見えてる??

凧工作は心の目も使います。

最近は凧揚げをして遊べる場所が減ってきました。電柱に凧がからまるとイヤですしね。だからこそ、空が広い場所で自分の凧を見るのはなかなか壮観なものです。