つまようじドット絵・低学年中学年にオススメ工作

つまようじドット絵工作

つまようじに色をぬってフラミンゴを作りました。小学2年生の作品です。

背景はおりがみをはっただけなので、意外と簡単に作ることができました。フラミンゴだけ立体的になって、実物は写真よりもカッコイイです。

つまようじで作るフラミンゴドット絵工作の材料

つまようじ300本(予備ふくむ)、発砲スチロールの板(A4サイズ)、水彩絵の具(ピンク、白、黒)、おりがみ、ボンドなど

1、ドット絵につかうフラミンゴの絵を印刷します(無料)

フラミンゴのドット絵を印刷します↓(正確なつまようじの数は印刷紙に書いてあります)

 【フラミンゴ】36×22マスPDF

2、ドット絵のつまようじに色をぬります

つまようじを半分くらいにおって色をぬります。先をとがらせて折るとさしやすいです↓

ドット絵つまようじ着色

色をぬって、乾燥させます。

小学2年生、水彩絵の具で着色中。はじめは筆でていねいに色をぬっていたものの、すぐあきて指でぬったり、絵の具にぶちまけたり。

予備もふくめて300本ほど着色したのですが、絵の具にぶちまける方法だと1時間ほどですべての色をぬれました。

自分が楽しい方法で着色するのがいいと思います。

3、絵をはって、ひたすら発砲板にあなをあけます

大きな発泡スチロールの箱があったのでA4サイズ大きめに切り取って使いました。(100円ショップに発泡スチロール板A4サイズがあります)

印刷したフラミンゴの紙を発泡スチロール板の四すみにテープではり、つまようじでマスのまん中にあなをあけます。

着色つまようじをさすマスだけにあなをあける。

つまようじで穴あけ

↑【マス目のまん中】に【まっすぐ(垂直)】に【深く】つまようじをさすのがコツ!

地味ですが大切な作業なのでのんびりがんばって!

4、絵をはがし、つまようじをさしてドット絵を作ります

発泡スチロール板にはりつけたフラミンゴ紙をはがします。

白い発泡スチロール板に穴があいているのがわかると思います。

色をつけたつまようじを印刷した絵を見ながら上のほうからさしていきます。

つまようじでドット絵

色の変わり目がわかりにくい場合はマスキングテープなどでいったん穴をふさぐとわかりやすいです。

5、背景はおりがみで簡単工作!

背景に折り紙を切ってのりではれば完成!

夏休み工作ドット絵

しっかり刺しても外れやすい つまようじが何本か出てくると思います。それらはボンドをつけてさせば安心です。

背景を折り紙にすることで作業が簡単になりました。小学2年生夏休み工作で提出。袋に入りやすく壊れにくい。そして軽い。学校への持ち運びがラクだったようです。

絵の具は水彩絵の具をつかいました。念のために各色5本くらい多めに色をぬっておくといいです。

ドット絵の図案いろいろ(無料です)

↓印刷して自由につかってください↓

 かんたんクマ(15×14マス) PDF

 ミニパンダ(20×20マス) PDF

 さかな(27×19マス)PDF

 パンダ(23×24マス)PDF

 フラミンゴ(36×22マス)PDF

 しば犬(34×24マス)PDF

 ゴールデンレトリバー(30×24マス)PDF

 ペンギン(61×50マス)PDF※2倍拡大コピーをオススメ

 ●自分で撮った写真などからドット絵を作りたい場 合はコチラ

 ●つまようじドット用の白紙A4方眼紙の印刷はコチラ